恋愛・純愛のSS・WEB小説まとめ一覧

女「5年間叶わない片想いなんてゴミくそでゲスwww」

2019年03月24日
女「5年間叶わない片想いなんてゴミくそでゲスwww」

1: 踏切交差点 ◆uw4OnhNu4k 2017/05/14(日) 16:55:01.27 ID:S7gli32O0
「ごめんなさい……」

男「うん……でも、また告白するよ」

「私の気持ちは変わりません」





女「ざまぁあああああああでゲスwwwww」

女「ま、また想い人にふられてるでげすwwwふぇぇご飯がとまらないでげすwwwwwふりかけいらないでげすwwww」ムシャムシャムシャムシャムシャ!!!

男「また見てたのか。本当に俺のことが好きなんだな」

女「そ、そうに決まってるでげすwww私と付き合ってほしいでげす!!!!!」

男「ごめんなさい」

女「おぇえええええ!!!げ、ゲロ吐きそうでゲス!!!!!」ビチャビチャ

女「吐いてしまったでげす……」

女「でも私の気持ちは変わらないでゲスよ」

男「本当にもったいないな。お前ほど美人なら、俺みたいな根暗じゃなくて、普通にモテる男子と付き合えるのに」

女「見た目が好みなら私と付き合ってくれないでゲスか?」

男「あの子の代わりはいないから」

女「私の性格が悪いからとかでゲスか?」

男「自分の親よりもお金持ちで、やさしくて教養溢れる人が現れて、本物の親の代わりになってあげるって言われたって断るだろ?」

男「いくらあんたが性格がよくなっても、あの子よりよくなっても、俺は好きにはならないと思うよ」

女「ほらな?見たか私?この世は地獄だろ?努力しても無駄なんだよウゲェエエエエ」ビチャビチャ…


ぼく「あれ?柔軟剤変えた?」女「え……はい……」

2019年03月22日
ぼく「あれ?柔軟剤変えた?」女「え……はい……」

1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/30(日)22:34:02 ID:Tr7
ぼく「いいにおいだね」

女「ははは……どうも」

2: 名無しさん@おーぷん 2017/04/30(日)22:36:07 ID:Tr7
ぼく「あれ?女ちゃん?」

女「……はい?」

ぼく「耳たぶの後ろにほくろあるんだね。」

女「え、あ、は」

ぼく「ピアスみたいでかわいいね」

女「は、ははは」

幼馴染「ボクがキミの事を好きだと言ったら」

2019年03月20日
幼馴染「ボクがキミの事を好きだと言ったら」

1: SS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 00:41:07.15 ID:3L/hvZCPo
幼馴染「キミはなんて答える?」

男「……は?」

幼馴染「聞こえなかった?もう一度言おうか」

男「いや、大丈夫だ」

幼馴染「そう?」

男「……」

幼馴染「……じー」

男「例え話、だよな」

幼馴染「そう言ってるじゃないか」


魔女さん(居候)「ふひひ、俺さん、あたらしい魔法ができたので、ちょっと試させてください♪」俺「えー…………」

2019年03月13日
魔女さん(居候)「ふひひ、俺さん、あたらしい魔法ができたので、ちょっと試させてください♪」俺「えー…………」

1: VIPがお送りします 2017/06/04(日) 00:21:13.206 ID:dmoX+BG10.net
魔女さん「だめですかー?」ウワメヅカイ

俺「だってこのまえも大変なことになりましたし…………」

魔女さん「俺さん、女の子になって可愛かったですよー?♡」

俺「もとに戻るためとかいって三日三晩魔女さんに好きにされて…………もう俺お嫁にいけない…………」

魔女さん「かわいかったので、ついw」

俺「…………、で、こんどはなに」

魔女さん「へへへ、こんどはですね、わたしと、俺さんが、心で会話できる魔法です。テレパシーです。楽しそうじゃありませんか?」

俺「えぇ…………先に聞いておくけど、魔女さんがこちらの考えてること勝手に読めるとかそういうのないですよね」

魔女さん「いえいえ、そんなものないですよー?というか、わたし俺さんの考えてることなら魔法なんてなくてもわかりますしw」

俺「え、まじ、」

魔女さん「ふふっ♡、それより、どうですか、どうしても嫌なら、やめます、けど、…………」チラッ

俺「………………、試す、だけなら、」

魔女さん「やった♡俺さん好きですよーっ!」

俺「……………」

男「プリントのお届けです」 女「ど、どうも・・・」

2019年03月12日
男「プリントのお届けです」 女「ど、どうも・・・」

1: 深夜にお送りします 2016/09/19(月) 19:40:18 ID:rLmMp5Bw
~学校~

教師「じゃあ男、これ渡しておいてくれよ?」

男「・・・わかりましたけど・・・いいんですか?進路希望調査とかって俺が渡すより親御さんに渡したほうがいいんじゃないすか?」

教師「進路希望はあくまで生徒本人の希望だからな。まず生徒本人から希望を聴かないとな」

男「とかいって・・・本当は親御さんに会いに行くのがめんどくさいとか思ってません?」

教師「いいからいけ。それに女が入院しているのはお前の家だろ?」

男「そうですけど・・・俺あいつとしゃべったこともないんですけど・・・」

教師「そうか、クラスメートと親交を深めるいい機会じゃないか」

男(ああ言えばこう言う・・・)

男「注文こないな……」女店員(あのお客さん、食券制だってまだ気づいてない……?)

2019年03月10日
男「注文こないな……」女店員(あのお客さん、食券制だってまだ気づいてない……?)

1: SS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 21:07:51.98 ID:aVwPGM0g0
― 定食屋 ―

ガラガラ…

男「……」キョロキョロ



女店員「いらっしゃいませー!」

女店員(……この人!)

女店員(いつも店の前でうろうろしてた人だけど、やっと入る気になってくれたんだ!)


女幼馴染「君の匂いを嗅いでいると落ち着く」男「そうか」

2019年02月01日
女幼馴染「君の匂いを嗅いでいると落ち着く」男「そうか」

1: SS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:57:47.18 ID:BdIVg3io0

幼馴染「ボクはどうすればいいんだ」

男「俺に聞くなよ」

幼馴染「もしかしてボクは君のことが好きなのでは?」

男「そりゃあすげえや」

幼馴染「ちょっと真面目に聞いてる? こっちは真剣なんだよ!」

男「そんなこと言われたってなんて返答すればいいんだよ」

幼馴染「『俺もお前の匂いを嗅いでいると落ち着くんだ』とかあるだろ!」

男「なるほど」

幼馴染「全く......そんなこともわからないのか」

男「なあ幼」

幼馴染「ん? なんだい?」

男「俺、幼の匂いすごい好きだよ」

幼馴染「......」

男「どうした?」

幼馴染「急に何言ってんだよ君はぁ......」ぷしゅー

男「お前は一体何がしたいんだ」



男「惚れ薬・・・ねぇ」

2019年01月25日
男「惚れ薬・・・ねぇ」

1: ◆Memo/g4n8M 2017/08/03(木) 22:51:15 ID:IXdJKO66

男「手に入れたはいいけどどうしろって言うんだこれ」

男「というか本物かこれ?」

『意中の子に飲ませればアナタにべたぼれ! 成功確率10000万パーセント!』

男「実に胡散臭い・・・」

男「・・・なんでこんなバカみたいなもん買っちまったんだ俺は・・・」

女「ピザ、って10回言ってみて」

2019年01月10日
女「ピザ、って10回言ってみて」

1: ◆3fFxpSS1go 2018/08/29(水) 00:02:08 ID:AFIJsCw.
男「は?何、唐突に……」

女「いいから!」

男「……」

男「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」

女「ここは?」

男「肘」



女「……せいかーい」

男「俺の幼馴染は次回予告が好き」幼馴染「次回あんたは私にキスする!お楽しみに!」

2019年01月06日
男「俺の幼馴染は次回予告が好き」幼馴染「次回あんたは私にキスする!お楽しみに!」

1: SS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:26:56.27 ID:NrJlPorXo
幼馴染「おはよー!」

男「おはよう」

幼馴染「……」

男「……?」

幼馴染「次回、幼馴染がヘアスタイルチェンジで超ビックリ! お楽しみに!」

男「あ」


このページのトップヘ