ぼくたちは勉強ができない

真冬 「いつかきみが大人になったとき」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
576: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/16(火) 23:19:52 ID:gdQsRlws
………………一ノ瀬学園 3-B教室

成幸 「………………」

成幸 「ふぁ……ふぁー……ああ……」

成幸 (……でかいあくびだな、我ながら)

成幸 (一次試験も近づいてきたとはいえ、睡眠時間が短すぎるか……)

成幸 (いやしかし、気は抜けない。俺はいいとしても、緒方と古橋とうるかの勉強は油断ができない状況だからな)

小林 「おはよ、成ちゃん。なんか眠そうだね」

成幸 「おう、おはよう、小林。眠くなんかないぞ。今日の授業もしっかりと受けなきゃだからな」

小林 「あの三人のお姫様たちのために、ね」

成幸 「む……。まぁ、それもそうだけど、あくまで俺のVIP推薦のためだぞ?」

小林 「そう? ま、それくらい利己的なら俺としても心配ないんだけどさ」

小林 「あんまり無理しないようにね? 隈がすごいよ?」

成幸 「わかってるよ。ありがとな、小林」

成幸 (とはいえ、今日もあの三人との勉強会や、あしゅみー先輩との勉強会がある)

成幸 (……さぁ、今日も気合い入れてがんばるぞ)

このSSまとめを読む

うるか 「フルピュアダンスショー?」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
534: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/14(日) 22:24:47 ID:4bT1U2zI
………………水泳部

滝沢先生 「そうなんだ。文化祭でのダンスが好評だったみたいでな」

滝沢先生 「ぜひダンスショーをお前たちにやってほしいと、近くの幼稚園たってのお願いなんだそうだ」

滝沢先生 「近隣の幼稚園や保育園の子どもたちと、地域の子どもたちを集めて、学校で開催するらしい」

海原 「センセー、一応私たち受験生なんですけど」

滝沢先生 「んなことわかってるよ。私だって悪いと思ってるんだ。武元は国体も控えてるしな」

滝沢先生 (学園長め。近隣の幼稚園からほいほい仕事を引き受けてきやがって、)

滝沢先生 (最終的に生徒にお願いするのは私たち教員だって分かってんのか、あの人……)

滝沢先生 「こういう言い方をするといやらしいが、ボランティアの実績にもなるし、推薦書や願書にも書ける」

滝沢先生 「あと、やってくれたら飯くらい奢ってやるよ。だから引き受けてくれ、頼む」

海原 「んー、まぁ、わたしは構わないけど……」

川瀬 「私もだ。先生にここまで言われちゃ、やるしかないっしょ」

滝沢先生 「本当か? 悪い、助かる」

うるか 「………………」

滝沢先生 「武元……? やっぱりお前は、国体もあるし、難しいか?」

このSSまとめを読む

あすみ 「アイドルデビュー?」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
503: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/14(日) 14:47:34 ID:4bT1U2zI
………………?

『ねぇ、おとーさん!』

『うん? なんだい?』

『あたし、おとなになったら、このびょーいんのせんせーになる!』

『お医者さんになるのかい?』

『うん! それでね、おとーさんのお手伝いするの!』

『……そうかぁ。嬉しいな。じゃあ、お父さん、お前がお医者さんになるの、楽しみに待ってるよ』

『うん!』

このSSまとめを読む

小林 「成ちゃんを一番幸せにできるのは、――――だと思うからさ」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
456: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/13(土) 22:35:03 ID:ceaM/etY
………………登校中

海原 「……ねぇ、陽真くん」

小林 「ん? なに、智波ちゃん?」

海原 「わたしの意図するところを忖度せず、陽真くんが思うことをそのまま答えてください」

小林 「えっ、何いきなり?」

海原 「唯我くんのまわりにいる女の子の中で、誰が一番魅力的だと思う?」

小林 「えっ、ごめん本当に何、いきなり」

海原 「いいから答えて。十秒前、9、8、7、……」

小林 「しかもカウントダウンありなの!? 急だなぁ……」

小林 (…… “忖度するな” ってことは、暗に本当は忖度してほしいって言ってるんだろうなぁ)

海原 「4、3、2、……」

小林 「えっと……やっぱり、智波ちゃんが一番カワイイかな、なんて……」

海原 「………………」

小林 (しまった。選択をミスったか……?)

海原 「………………」 ニヘラァ 「……も、もう、陽真くんったら! そういうのじゃないんだって!」

このSSまとめを読む

理珠 「テレビの取材ですか?」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
423: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/10(水) 19:34:45 ID:N3EY2ei2
………………緒方家

親父さん 「そうなんだよ、リズたま」

親父さん 「地元ローカルのテレビ番組から電話があってよ。うちを取材したいって」

親父さん 「なんでも、『私たちの街の美味しいお店』って特集を組んでるらしい」

理珠 「美味しいお店、ですか。そう言われてしまえば、引き下がるわけにはいきませんね」

理珠 「受けて立とうじゃありませんか、お父さん」

親父さん 「おう、リズたまならそう言ってくれると思ってたぜ!」

親父さん 「……それでだな。実はリズたまに2つばかり頼みたいことがあるんだが」

理珠 「なんですか? うどんの美味しさを広めるため、私にできることならなんでもしますよ」 フンスフンス

親父さん 「さすが俺の愛娘だ。ありがてえ」

親父さん 「うちのうどんは、テメェで言うのもなんだが絶品だ」

親父さん 「でもな、ただのうどんじゃちっとばかしインパクトに欠けるとも思うんだ」

親父さん 「だから、リズたまには、いま流行の『いんすたばえ』とやらを意識した新メニューを考えてもらいてぇんだ」

理珠 「……『いんすたばえ』……?』」

このSSまとめを読む

真冬 「また今度、ここで」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
346: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/07(日) 20:16:39 ID:N1TkqDFg
………………メイド喫茶 High Stage

成幸 「そこ、前と一緒ですよ。物体が静止状態ってことは、力学的に釣り合ってるんです」

成幸 「だから、物体に働いている力を全部図示してしまえば、あとは計算するだけですよ」

あすみ 「ん……。重力と、押す力と、摩擦力……ああ、なるほど」

あすみ 「あとはそれぞれの力で方程式を立てればいいのか」

成幸 「そうですそうです。できたじゃないですか、先輩」

あすみ 「……よし。今の感覚を忘れないうちに練習問題いくつか解くわ」

あすみ 「悪いけど、解き終わったら採点してもらってもいいか?」

成幸 「わかりました」

ガタッ

成幸 「じゃあ俺はその間に店の掃除をしてますね」

このSSまとめを読む

成幸 「愛してます」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
322: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/06(土) 01:02:28 ID:7gBWQ9QA
………………一ノ瀬学園 職員室 昼休み 「愛してるゲーム」 直後

真冬 「………………」

真冬 (……一体何だというの)

真冬 (唯我くんは一体なぜあんなことを言ったというの)


―――― 『えっと……あ……あぅ……』

―――― 『愛してます……』


真冬 「ッ……」

ガツン……!!!!

鈴木先生 「!? き、桐須先生……?」

佐藤先生 「急に頭を机に打ち付けて、大丈夫ですか?」

真冬 「え、ええ。全く問題ありません」

真冬 「文部科学省学習指導要領改訂の第四次答申について考えていたら、つい熱が入ってしまって」

真冬 「お騒がせしてしまい、申し訳ありません」

このSSまとめを読む

うるか 「あたし、がんばるからね。成幸」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/04(木) 00:41:27 ID:BlhIJ9pQ
………………夏休み後半 武元家

うるか 「………………」

ガリガリガリガリ……

うるか 「……ふー。つかれたー」

うるか (長文読解は本当に苦手だなぁ。見てるだけで頭がガンガンしてくるし)

うるか (でも、今日だけでかなり進んだし、理解も深まった気がする)

うるか 「……えへへ、成幸、褒めてくれるかなぁ」

ポワンポワンポワン…………


『うるか、よくやったな』

『偉いぞ。これはご褒美だよ』

『……ふふ、可愛い奴め』

『なんだ? もっと欲しいのか?』

『じゃあ、この続きは家に帰ってからだな』

『覚悟しておけよ、うるか』

このSSまとめを読む

理珠 「うどんフェスティバルですか!?」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/02(火) 21:05:39 ID:LAfruxaA
………………一ノ瀬学園

成幸 「ああ。昨日偶然、駅前でチラシを見つけてさ。今週末らしいぜ」

成幸 「会場の公園、電車で三十分もかからないだろ?」

成幸 「緒方はうどんが大好きだから、教えてやったら喜ぶかなー、なんて……」

理珠 「日本中のうどんが集まる、夢の祭典……すごいです……!」

成幸 「当たり前のように大喜びみたいだな。よかった」

成幸 「そのチラシやるから、行ってこいよ。古橋かうるかでも誘ってさ」

理珠 「あ、でも……文乃は今ダイエット中で、誘うのはためらわれますし……」

理珠 「うるかさんは国体前の練習で週末も空いてないかと……」

成幸 「ん、そうなのか……」

成幸 「じゃあ、週末一緒に行くか?」

理珠 「へ?」

成幸 「息抜きにうどんを楽しんだ後、どこかで勉強して帰ろうぜ」

理珠 「は……は、はい……/// ぜひ、そうしましょう……//」

このSSまとめを読む

あすみ「遊園地のペアチケット?」

元ネタ:ぼくたちは勉強ができない
217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/02(火) 02:08:33 ID:LAfruxaA
………………小美浪家

小美浪父 「ああ。福引きで当たったんだ。お前にあげるから、唯我くんと行ってきなさい」

あすみ 「ああ? 前から思ってたけど、あんた受験生をなんだと思ってるんだ?」

小美浪父 「おや、一日勉強を抜きにしたところで落ちるものでもあるまい?」

小美浪父 「……というよりは、その程度で落ちるならそもそも受からんと思うがね」

あすみ 「ぐっ……くそ親父……」

小美浪父 「私が医学部に入学した頃は、競争率も今の何倍も……っと」

小美浪父 「今はお説教の時間ではないな」

小美浪父 「たまには彼氏と水入らずでゆったり遊んできたらいいじゃないか」

小美浪父 「……それとも、まさかあんないい彼氏と会いたくない、なんて言うわけではあるまいな?」

あすみ 「だー、もう! わかったよ! 行きゃいいんだろ行きゃ! 後輩と予定が合えばだけどな!」

小美浪父 「よろしい。後でデートの写真を見せてくれよ。楽しみにしているからな」

このSSまとめを読む

このページのトップヘ